旅とノウノウカフェ

旅が好きです。

世の中には旅が好きな人も嫌いな人もいて、家が大好きな人も都市生活が好きな人も田舎暮らしが好きな人もいると思います。

旅好きな人にも色々な旅のスタイルがありますしね。旅ってなんなのですかね?

よく「人生は旅だ」なんて耳にしますが、その辺の事をちょっと。

私、ノウノウカフェ店長山田の旅好きのきっかけはおそらく大学時代。
ふとしたきっかけでユースホステルサークルに入り、北海道や京都を巡ったり、ユースホステルのボランティアをしたりしました。
と同時に友人と車で高速道路を使わずに日本一周したり。(一遍に周ったのではなく、4回に分けて巡りました。)

それらの経験が生活する場所から離れる「旅」というものを意識するようになり、旅好きになっていった気がします。

その後、家族の関係でフランスに行ったり、社会人になってからタイを旅したりしました。この頃から徐々に海外に目が向くようになりました。

「未知の場所に行ってみたい!」

そう思うようになり、転職のタイミングでインドに行こうかと予定を立てていたら、気付いたらチベットに行ってました。
(この辺の旅の中身の話はまた別のところで出来たらいいなぁ…と考えています。)

その数年後、無事にインド旅をリベンジした後、再度タイに行ったりベトナムを旅したり。

この辺から色んなご縁があり、NGOのお手伝いなどでカンボジアに数か月滞在したり、ネパールの友人からの依頼でネパールに行ったり。

そうなると、それはもはや旅なのか仕事なのかよくわからなくなってしまいますけど、その土地を楽しむことが出来たら旅として「思い出」にカウントしています。

私が考える旅の魅力は、「未知との遭遇」です。

色々な人や文化、ダイナミックな景観を目の当たりにすると、それまでの価値観や常識が壊されて、自分の小ささに都度気付かされます。

言葉が通じなくても人の優しさに触れることがありますし、本当に世界の共通言語はスマイルだなぁ…って感じます。

旅に行って価値観を見直して、自分のやりたい人生に真剣に向き合った結果、ノウノウカフェはじめちゃった気がします。

それに世界は美味しいもので溢れてますし、その土地の歴史を知ると違った魅力が見えてきます。

「これだけ暑い場所だからこんなに甘いものが合うんだな」とか

「植民地の歴史があるから融合した食文化や建物があるんだな」など。

日本で流行ってるもの、世界で流行ってるもの。それらを見て、知って、自分で選んで、自分で責任を負いたいと考えるようにもなりました。
来てよかったという成功も、あれ?っという失敗も、美味しかった屋台飯も不味かったレストランの食事も。

自分の時間ですから、自分で選びたいじゃないですか。
自分で選んだ失敗は笑える良い経験になると考えています。

そう考えるとやっぱり人生は旅ですね。

ひとつひとつ選んで今、ここにいる。

その選択肢を増やす旅。

ノウノウカフェは旅と毎日をつなぐ場所になりたいと考えています。

追伸:
なかなかこういう仕事をしていますので、最近はきっかけが作りにくくなっていますが、いつでも旅に行く隙を伺って毎日を過ごしています。